コンテンツマーケティングとは?どんなことをするマーケティングなの?

コンテンツマーケティングとはどんなもの?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに有益な情報や、必要とされるコンテンツを提供することにより、集客しようとするマーケティング手法のことです。

近年インターネットの普及にともない、消費者の環境や意識には、変化がおきています。企業側からの広告により「与えられる情報を見る」という形態から、自分の欲しい情報、知りたいことを「積極的に自分で探す」、という形態に変わってきたのです。

それに伴い、消費者は企業側の広告を一方的に押し付けられることに対して、あまり好ましくないと感じ始めています。

そのような、消費者環境や消費者の意識の変化に対応して、消費者の欲しい情報を提供しようとするマーケティング手法である、コンテンツマーケティングが注目されているのです。

他のマーケティング手法との違い

WEBマーケティングは、企業側の売り上げ目標やアクセス数の目標を達成するために、リスティング広告やSEO、ソーシャルメディアなどを使う手法のことです。

また、今までの他のマーケティングについても、有料広告などを使い、「企業側から伝えたい情報」を、消費者に伝わるように展開する手法が、主流となっていました。

しかし、コンテンツマーケティングでは逆に、「企業側の都合で提供したいもの」ではなく「消費者側の望むもの」を提供しよう、という概念を持っています。

企業側に寄り添いがちであった従来のマーケティングとは異なり、あくまでも消費者の要望に合わせていこう、とするところが大きく異なっています。

 

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングは、成果を短期間に得ようとするマーケティングとは異なります。「消費者が見たいコンテンツで集客」をして、「有益な情報でかかわりを深め」て、「ファンになってもらう」という流れを目指しています。

コンテンツマーケティングのメリットは、まず「低予算でも始められる」ことです。基本的には、良質なコンテンツがあれば、ホームページ、ブログやメールマガジン、動画などで、すぐにでも発信することが可能です。初期投資費用が低くても始められるのが、魅力といえます。

そして、「コンテンツの資産化ができる」のも、大きなメリットです。Webサイトやブログなどで配信した情報は、コンテンツとして溜まっていきます。

掲載期間が決まっている広告配信とは異なり、一度作成すると長く集客の資産にすることが、可能になります。良質のコンテンツであれば、長期間集客しつづけられる可能性も高いのです。

また、「集客効率が高い」ことも、コンテンツマーケティングの魅力です。広告配信では、あまり興味がない人や、興味はあってもこのブランドは嫌い、と考える人にも配信されるため、集客効率があまりよくありません。

しかし、コンテンツマーケティングならば、購入の可能性が高い消費者が、自らサイトを訪問してくれるため、効率よく見込み客を集めることができるのです。

さらに、良質のコンテンツを配信することにより、「オピニオンリーダーとして信頼される」ことにもつながります。ブランドのイメージアップや企業イメージの向上も期待できるため、メリットは大きいのです。

コンテンツマーケティングの国内事例

国内でも、コンテンツマーケティングを使った成功事例は増えてきています。コンテンツマーケティングは、定番の手法だけではなく、工夫やアイディアでさまざまな施策が可能なのです。

それでは、コンテンツマーケティングの成功した実例を、3つ紹介いたします。異なる手法の事例をご紹介することで、コンテンツマーケティングの幅広さを感じていただけるのではないか、と思います。

 

コンテンツマーケティングの成功実例① 「石鹸百貨」

株式会社 生活と科学社の「石鹸百貨」 は、洗濯石鹸、掃除道具、キッチン用品、バスグッズやシャンプーなどを扱う、生活用品のオンラインショップです。

同じ「石鹸百貨」という名前で、「石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト」も運営しています。そして、情報サイトでは、「白靴下のガンコ汚れの洗い方」や「生乾きの衣料の臭い解消法」など、主婦ならば誰もが知りたいと思うような、お悩み解決法が掲載されています。

これは商品の主な購入者である、主婦の悩みを解決する情報を提供することで、見込み客が集客できるようにサイト設計されています。また、悩みを解決するのに最適な商品が、同じページに紹介されているため、購買にもつながりやすいしくみになっています。

 

コンテンツマーケティングの成功実例② 「くらしの良品研究所」

無印良品の情報サイト「くらしの良品研究所」、をご紹介します。無印良品は、「無印良品ネットストア」というオンラインショップを運営しています。

しかし、情報サイト「くらしの良品研究所」は、オンラインショップ「無印良品ネットストア」からは、少し距離を置いています。 情報サイトでは、「衣料」、「食品」、「生活雑貨」が主なテーマになっていますが、コラム形式になっており独特の世界観を作っているのです。

情報サイトの健康や教育、地域社会に関するコラムからは、良いくらしに向き合おうという、無印良品の企業姿勢が読者に伝わるかもしれません。

もともと無印良品は、企業イメージづくりに積極的に取り組んでいました。情報サイト「くらしの良品研究所」でも、無印良品の世界観のファンを増やすことができそうな、良質なコンテンツになっています。

 

コンテンツマーケティングの成功実例③ 「土屋鞄製作所」

「土屋鞄製作所」は、革素材の良質な鞄を販売するオンラインショップです。「土屋鞄製作所」では、別の情報サイトを立ち上げるのではなく、オンラインショップと一体化しています。

こだわりのデザインや美しい商品写真は、ファッション情報サイトのような雰囲気です。オンラインショップ自体を、まるで情報サイトのように見せることに、成功しています。

1つの鞄の商品紹介にも、何枚かの商品写真を使い、良質な素材が伝わる工夫がされています。写真やレイアウトデザインなどで、良質なコンテンツを作成しているという成功例です。

 

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを行えるのはWEBサイトだけじゃない!?

    コンテンツマーケティングといえば、Webサイトやブログを思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか。でも、実はコンテンツマーケティングの媒体は、特に決められている訳ではないのです。

  2. コンテンツマーケティングとコンテンツSEOってなにが違うの?

    コンテンツマーケティングとは、ユーザーが読みたいと思う有益なコンテンツを提供することにより、Webサイトに集客して、見込み客を育成し、自社のファンを育てること、を目指すマーケティング手法です。

  3. コンテンツマーケティングにおける消費者の購買行動とは?

    人はそれぞれ性格や興味が異なりますが、人がモノを購入するまでのプロセスは、ある程度似ています。 消費行動モデルとは、「消費者がモノやサービスを購入するときに、どのようなプロセスを経て購入するのか」をモデル化したものです。

  4. コンテンツマーケティングを行うメリットとは?

    コンテンツマーケティングは、2014年ごろから日本でも注目を浴び始めたマーケティング戦略です。

ページ上部へ戻る