SNSへの広告、どうやって出稿するの?

SNSの広告出稿の方法とは?

SNS(Social Networking Service)は、近年利用者が増え続けており、多くの企業がマーケティングツールとして注目しています。しかしSNSへの広告出稿の方法については、まだあまり知られていません。

また一言でSNSと言ってもLINE、Twitter、Facebook、Instagramなど、媒体には多くの種類があります。またそれぞれに特徴があり広告の出稿方法も異なります。

SNS広告は拡散性が高く、なおかつターゲティング精度も高いため、デジタルマーケティングにおいて大変効果的なツールです。主要なSNS広告については積極的に使いこなして、マーケティング成果を上げていきましょう。

 

SNSごとの広告出稿方法について

LINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つのSNS広告出稿について、ご紹介いたします。

どのSNSに出稿するべきかは、アプローチしたいターゲットにより変わります。まずはターゲットに適したSNSを選択してから、広告の種類を選んでいきましょう。

 

LINE広告出稿方法

LINEは、国内で月間8,300万人(2019年12月末時点)の利用者がいるコミュニケーションアプリです。このLINEユーザーへ向けた広告配信プラットフォームが「LINE広告」(旧LINE Ads Platform)です。

LINE広告が配信できる場所は、「トークリストの最上部(Smart Channel)」「タイムライン」「LINE NEWS」「LINEマンガ」などです。

広告のタイプとしては、ユーザーがクリックすると課金される「クリック課金タイプ」と、表示が完了すると課金される「インプレッション課金タイプ」があります。

LINE広告は出稿後もリアルタイムに広告を調節・修正できる運用型広告になっています。年齢・性別・居住地などの属性や、興味・関心・行動データなどでもターゲットを絞り込むことができます。

以前は代理店経由でしか申し込みができなかったために、面倒な手続きが必要でしたが、オンラインのみで広告申し込みが完結できるようになりました。

 

1、LINE Business IDの発行

LINE Business ID(ビジネスアカウント)を、取得します。

2、広告アカウントの作成

広告配信を管理するためのアカウントを作成します。

3、クレジットカードの登録

オンラインの開設アカウントは、クレジットでの支払いが可能です。

4、メディア登録とLINE Tagの設置

LINEの広告ガイドラインに合わせて広告画像を作成して、アップロードで入稿します。

5、配信設計

キャンペーンの目的や条件を「キャンペーンを作成」において設定します。「広告グループを作成」からターゲットやカテゴリーの選択をして希望する配信先を選んでいきます。

「広告を作成」 にて広告のフォーマットを選択する。プレビューを確認しながら、広告作成を行う。

6、審査完了・配信開始

LINEにて10日ほどで審査が行われ、審査が完了したら広告配信が可能になります。

 

Twitter広告出稿方法

拡散力に優れたTwitterは、認知度を高め潜在顧客を増やすのに大変役に立ちます。また最新情報を短期間で拡散するのに適しており、人気のある広告媒体です。

また、特定のアカウントのフォロワーにメッセージを発信することや、特定のキーワードに関心がある人をターゲットに指定することも可能です。

広告の支払い方法には2つあり、クレジットカード決済か、もしくは請求発行(条件と審査あり)決済のどちらかになります。

Twitter広告で成果を上げるためには、重要な検討ポイントがあります。それは「広告の目的(ゴール)」「ターゲットを定める」「入札額の上限を設定する」「全体予算を決める」「広告になるツイート内容を考える」の5つです。

広告には3種類あり、最短で広告出稿ができる「クイックプロモート」、毎日自動配信してくれる「オートプロモート」、自分で細かく設定できる「Twitter広告キャンペーン(Twitter広告)」となっています。

  • 「クイックプロモート」の出稿方法

プロモーションしたいツイートを選び、アクティビティアイコンをクリックします。Twitterにログインして、予算と地域を選べば完了です。

  • 「オートプロモート」の出稿方法

プロフィールからオートプロモートを選択してはじめます。国やタイムゾーンを選択、お支払い情報を入力して広告アカウントが完成すると、キャンペーンを開始できます。

  • 「Twitter広告キャンペーン(Twitter広告)」の出稿方法

キャンペーンの目的を選び、予算・広告内容を作成・ターゲットを詳細に絞り込みます。広告に使うツイートを選択して、キャンペーンを開始します。

 

Facebook広告出稿方法

Facebook広告は、デスクトップまたはモバイルのニュースフィードと、Facebookの右側にある広告枠に表示されます。

それに加えてFacebookの提供するサービスである、Marketplace(マーケットプレイス)やMessenger(メッセンジャー)受信箱、Audience Network(オーディエンスネットワーク)に登録されているアプリやサイトに広告出稿が可能です。

さらに、Facebook傘下の企業であるInstagramへも、広告を出稿することができます。このように広告を配信できる媒体が多種類であるのが、Facebook広告の特徴です。

広告を配信するためには、Facebook広告管理マネージャーというツールを使います。

予算をキャンペーン作成時に指定しておけば、設定予算内で広告が配信できます。課金方式は、クリック課金とインプレッション課金から選択が可能です。

1、広告のフォーマットに合わせて、画像や動画などを作成しておきます。

2、Facebookのマイページにログインして、広告を作成ボタンをクリック。

3、広告マネージャーを起動して、広告を作成します。

4、マーケティングの目的・名前の設定・ゴール・ターゲット・配信場所などを設定します。

5、予算・掲載期間を決めて、広告の表示や詳細を確認したら配信開始です。

 

Instagram広告出稿方法

Instagram広告には、「ストーリーズ広告」と「フィード広告」があり、配置場所によって変わります。

InstagramはFacebook傘下の企業なので、Instagram広告はFacebookページから広告を出稿します。

さらにFacebookビジネスマネージャーで広告管理をすると、「複数のFacebookページ、アカウントを一括管理」と「社内の人間に権限を付与」を行うことができるため管理しやすくなります。

1、Facebookビジネスマネージャーのアカウントを作成します。

 2、FacebookビジネスマネージャーへFacebookページを登録して、広告アカウントを作成。Instagramアカウントと連携します。

 3、広告キャンペーンの目的を選択します。

 4、広告の配信場所やターゲット・予算・掲載期間を設定、広告を作成します。

 5、支払い方法を設定したら終了です。

 

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングと似ているけど違う?ネイティブ広告とは?

    「ネイティブ広告」とは、「ユーザーに、記事(コンテンツ)の一部として見られることを目的とした自然な広告」のことです。広告らしさをなくすことを目指している広告、ともいえます。 近年、バナー広告や動画広告などの広告を嫌うユーザーが増えてきています。

  2. 検索連動型広告とは?どんな仕組みで広告を表示する?

    検索連動型広告というのは、GoogleやYahooなどの検索エンジンにおいて、検索結果に連動して表示される広告です。ユーザーが検索した検索結果一覧ページに、テキストで表示される広告のことで、「リスティング広告」とも呼ばれています。

  3. 自社のサイトの集客のために広告を出稿するのは有効?

    広告を出稿すれば集客できる?自社のWebサイトへの集客ができないときに、最も代表的な対策としてはSEOと広告があります。

  4. 複数のチャネルを連動させて広告効果アップ!

    マルチチャネルとは? マルチチャネルとは、顧客との接点(チャネル)を単数ではなく、複数用意することです。例えば、カタログ通販のみで販売している場合は、顧客との接点は単数なので、マルチチャネルではありません。

ページ上部へ戻る