Twitter上でのマーケティング、どんなメリットが有る?

Twitterの特徴とは?

Twitterは、気軽につぶやくように投稿できるコミュニケーションツールで、Twitterに投稿することを「ツイートする」とか「つぶやく」と言います。

世界中に多数のTwitterユーザーがおり、日本国内でも月間アクティブユーザー数は4,500万人を超えています。

Twitterには文字制限があり、最大で全角140文字までのメッセージしか、投稿することができません。そのため長文を投稿することはできず、それがかえってTwitterの面白さにつながっています。

文字以外には写真や動画、ライブ配信なども投稿することができるため、文字でも画像でもコミュニケーションが可能です。

 

Twitterの魅力と使い方

Twitterは他のSNSと比べると、ユーザー同士がゆるくつながっています。お互い興味がある話題で見知らぬ人同士がつながることも多く、その場限りのつながりでも違和感がないのがTwitterの魅力です。

また、みんなが注目するような投稿は、他のメディアやSNSと比較すると、圧倒的な速さで広がっていきます。リアルタイムで話題性が高い投稿も多くみられます。

そのため、どこよりも早くリアルタイムな情報を、知ることができる場合もあります。リツイートによってスピーディーに広がる拡散力は、Twitterの大きな魅力になっています。

Twitterは有名無名を問わず、投稿内容だけでファンを獲得することもできるツールです。質が良い投稿はもちろんですが、つぶやき方の面白さだけで支持されることも珍しくありません。

 

Twitterで行うマーケティングとは?

Twitterマーケティングとは、Twitterを使って自社のブランド認知・告知・顧客情報の取得などの目的を目指して行うマーケティング手法のことです。

Twitterマーケティングを成功させるためには、まずマーケティングの目的やターゲットを明確にします。自社のブランディングがしたいのか、販売向上のための商品告知がしたいのか、キャンペーンで見込み客を獲得したいのか、など目的を明確に定めることが必要です。

そしてTwitterマーケティングで成果を向上させるためには、短いスパンで効果分析を行いましょう。Twitterから公式の効果分析ツール「Twitterアナリティクス」 が提供されているため、投稿への反応やユーザーの属性についてのデータも把握することができます。

マーケティング施策の実施・データの取得・分析・検証・改善のサイクルを繰り返していけば、成果につながる継続した改善が行えます。Twitterの投稿は文字がベースになることが多いため、改善をしやすいのもメリットです。

 

Twitterマーケティングで自社や自社商品の認知を上げる

企業の公式アカウントを取得して、自社サービスや自社商品の情報をTwitterに投稿すれば、低予算で認知を高めることが可能になります。

特に話題性のある商品や人目を引く商品などは、注目を浴びれば多くの人に拡散される可能性もあるのです。

Twitterの一番の特徴は、拡散力の高さです。ユーザーの気持ちをつかむ投稿や写真になるように、工夫して投稿することが大切になります。

 

Twitter企業アカウントの投稿例

スターバックスは新商品のお知らせなどを、写真付で頻繁にTwitter投稿しています。コメントは普通の内容ですが、写真がカラフルでおしゃれなため、Twitterのなかに見ていて楽しい独特の世界ができあがっています。

井村屋(株)は、Twitterの特性を生かしたインパクトのある投稿を行っています。少ない文字数ながら印象に残る面白い投稿が多く、こちらも独特の世界を作り上げています。

工夫を凝らした投稿がされていますが、面白いだけの投稿ではなく、きちんと商品の紹介や告知にもつながっています。

どちらのTwitterにも独特の世界があり、商品紹介をするのと同時に、自社のブランディングにも成功しています。

 

Twitterマーケティングを活用して購買をサポート

Twitterを見込み客に活用する際には、ユーザーとの良好な関係を築くことを目指しましょう。

購入前のユーザーに対しては、商品やサービス告知の発信型ツイートが効果的です。しかしそれだけではなく、Twitterでユーザーとコミュニケーションをとるというアプローチも大切なのです。

ユーザーのツイートに対してリプライをする、リツイートをするなどのコミュニケーションをとり、ユーザーとの距離を縮めていきましょう。

短期的には、発信型ツイートが効果を発揮します。しかし、コミュニケーション型アプローチで築いた良好な関係から、根強いファンになってくれることもあります。

コアなファンとなってくれた顧客は、積極的に商品情報を拡散してくれることもあれば、商品についての改善アドバイスをくれることなどもあるのです。

 

Twitterマーケティングを活用したプレゼントキャンペーン

Twitterを使った、プレゼントが当たるキャンペーンを開催する企業も増えています。企業の公式アカウントからの投稿でキャンペーンの告知を行います。

ほとんどのキャンペーンは「Twitterの公式アカウントをフォローすること」を、応募の条件にしています。

ユーザーはハッシュタグを記載したツイートをするか、キャンペーンツイートへのリツイートをすると、キャンペーンに応募できます。他のキャンペーン応募に比べると、応募に手間がかからないため、ユーザーにとっては嬉しい応募システムになっています。

応募をすると、その場ですぐ抽選結果が分かるシステムを取り入れているキャンペーンも多く、ユーザーに好評です。プレゼントをデジタルギフト券にするなどの工夫をすると、企業側の運用もしやすくなります。

プレゼントキャンペーンは公式アカウントのフォローを条件にしているため、キャンペーン後にTwitter公式アカウントのフォロワーが何倍にも増加していることもあります。

プレゼントキャンペーンはフォロワーの増加を数で確認できるため、企業にとって分かりやすい成果が得られる手法です。

 

 

関連記事

  1. Instagramでのマーケティング、どんなふうに行えばいい?

    インスタグラムは、2017年に「インスタ映え」という流行語を生み出すほど話題になりました。現在もユーザーは増加し続けており、国内月間アクティブユーザー数は3,300万人を突破しています。

  2. LINEの公式アカウントを取得したい!どうすればいいの?

    LINEは日本人の6割以上が利用しており、毎日利用している人の割合も8割を超えています。LINEの利用者数や利用率はSNSの中でもトップレベルです。

ページ上部へ戻る